阪神の信号機高代コーチとは?日本一の三塁コーチと呼ばれる理由!

この記事は3分で読めます

70

 

 

高代延博

1954年5月27日生まれ

170cm 73kg

 

今日は選手ではないんですけど、阪神タイガースの重要人物についての記事です。

日本一の三塁コーチとも呼ばれる高代コーチ。

タイガースの試合を見るなら、ぜひ知っておきたい人物なのです。

 

信号機とは。

 

信号機、とは、三塁ランナーコーチの別名です。

なぜ信号機なのか。

 

それは、三塁コーチの判断で、選手が足を止めたり逆に進塁したりするから、です。

 三塁コーチが止まれと言えば止まる、行けと言えば走る。 

だから、信号機なんですね。

 

本塁と三塁の間にいます。

戦況によって微妙に立ち位置は変わるようなんですが、詳しいことは分からないので割愛。

いいのです、初心者向けの解説だから。

試合見てると、三塁ベースのわきでぐるぐる腕を回している人がいると思うんですが、これが三塁コーチですね。

 

実はこのポジション、試合においてはかなり重要なのです。

三塁から本塁へ向かう指示、二塁から三塁へ向かう指示、あるいは進塁を止める指示、すべて一瞬の判断です。

でも、ここを間違うと、無理して進塁してアウトを取られたり、逆に取れるはずの得点を逃してしまったりするのです。

 

 

コーチとしての高代延博

スポンサードリンク

0117takashiro-001-thumb-450x337-64812

 

 

現役時代は日本ハムと広島カープに所属。

引退直後はカープの一軍コーチを務め、その実力を高く評価されていました。

中日に在籍時は野村克也監督をして日本一の三塁ベースコーチと言わしめた人物です。

カープ、中日を含め日韓8球団と野球日本代表のコーチを務めました。

 

タイガースには2014年に一軍コーチとして就任しました。

 

この人が来るまで、タイガースの三塁コーチは壊れた信号機と呼ばれていたようで(誰とは敢えて言いませんが)。

とにかく判断ミスの多いコーチだったそうなんですよね。

そのせいで、勝てる試合をどれだけ落としたか!と、阪神ファンの夫が憤慨しておりました。

それが、この人が来てからと言うもの状況が一変。

 

若手にはタイミングが少々厳しくても思い切って突っ込ませるが、ベテランには無理はさせない。

打球の飛び方や選手の足の速さとか、一瞬でものすごく色々考えてると、以前テレビでおっしゃっていました。

あまりにも腕を振り回すので、すごく肩がこるんだとか。

 

現役を退いてなお、あらゆるところから必要とされるってすごいですね。

現役最年長の三塁コーチだと言われていたような気がします。

 

個人的に、誰かに求められて仕事が出来るってすごく幸せなことだと思うんですよね。

私も、自分にしかないものを磨いて、誰かに必要とされる働き方をしてみたい、と思うのです・・・。

 

 

高代コーチから学ぶこと

 

これだけの実績を残し、名だたる首脳陣から求められる実力は、一朝一夕に身についたものではありません。

何度かテレビで見ましたが、とても熱い、と言うか厳しい人ですね。

走塁技術だけでなくノックも得意だそうなんですが、選手に対して容赦ない。

他人に厳しい分、自分にも厳しい。ん?逆か?

コーチの仕事とは、と聞かれて準備、と答えたそうで、コーチ歴は25年以上、コツコツ書き留めた資料ノートは50冊を超えるそうです。

高校球児に向けて本も出版しているようですね。

 

この年になって、若手に負けたくない、と勉強を怠らない姿勢。

 責任の重い仕事だと自覚しつつ、甘えや妥協は一切見せない、まさに一流の仕事人ですね 

この姿勢があるからこそ、色んな人に尊敬され、慕われ、必要とされる人物に慣れるのでしょう。

人間、ある程度結果を出すと気持ちが緩んで楽をしてしまいがちです。

 コツコツ誠実に努力を続けるという事は、簡単そうで難しい。 

だからこそ、それが出来る人は人とは違う何かを得られるのでしょうね。

かっこいい生き様ですね^^

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 9
  2. kikuchi
  3. 福井優也
  4. nishikawa_ryoma_l
  5. 051_81785137
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。